『無添加=安全』か?日本の水準だと・・・

日本での『無添加』が意味することは、化粧品業界でいうところの『旧指定表示成分』が配合されていないモノといえそうです。この『旧指定表示成分』とは、昔の厚生省が1980年ごろに定めた『表示指定成分(確か102種類ぐらい)』のことです。これは、皮膚障害などの症例があった成分を有害としたもです。ただ安全に厳しいヨーロッパでは、この表示指定成分に相当する成分が5000種類くらいあるらしく、日本とは比較しようもないほど厳しい環境といえます。さらに現在の日本で販売されている無添加商品は、この表示指定成分が配合されていないだけで、他の石油成分・化学成分や、安全性が確認されていない天然自然成分が配合されていても『無添加』として販売しているのが実情です。そのため『無添加=安全』と理解している人は、ちょっと気をつけたいですね。ただ安全性でいうなら、サラヴィオ化粧品の『かいわれ』発芽実験は、面白いですね。一般的に植物は、有害物質が含まれていると発芽しないそうですから!S-1無添加シャンプー 口コミS-1無添加シャンプー 効果などの評価が高いのも、安全性が高いことが関係しているのかもしれませんね。育毛 抜け毛 頭皮ケアをする場合、無添加シャンプーを選びたいところですが、安全性についても調べておくといいかもしれません!
posted by M-1育毛ミスト at 15:22 | 育毛シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。