男女の脱毛症の違い!体質による脱毛の種類や原因は?

脱毛症は、男女に現れる症状の1つですが、その原因や要因を探ると体質によるもの、病気によるものなど実に様々です。ここでは、男女の体質による脱毛症の種類や原因を紹介していきます。

髪の毛が薄くなる症状は、男性に多く見られる傾向がありますが、最近では女性の薄毛も注目されています。ただ、あるデータでは男性の1/3程度は、自身が薄毛と認識しているようで、男性の方が悩み具合は深いのかもしれませんね。

●男性型脱毛症(AGA)
思春期以降の成人男性の多くに見られる脱毛症の症状がAGAと呼ばれる男性型脱毛症になります。男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが特別な酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンに変化し、この物質が脱毛を促進させていくといわれています。

なお、ここで問題となる特殊な酵素は、前頭部と頭頂部に多くあるため、AGAでは頭頂部や額の生え際などから脱毛が広がっていくようです。特に男性の薄毛では、頭頂部や額の生え際の髪の毛が薄くなっている方が多いですが、これこそAGAの一番の特徴といえるようです。

なおAGAを誘因するものとして遺伝や加齢が考えられています。ただし遺伝に関しては、髪の毛が薄くなる要素を引き継いでいるだけなので、父親や祖父がAGAだとしてもその子供の髪の毛が薄くとは限らないようです。

このようにAGAのキッカケは、男性ホルモン・遺伝・加齢などが考えられているのですが、この3つが揃っても脱毛しない方もいるみたいですね・・・

●びまん性脱毛症(瀰漫性脱毛症)
女性の脱毛症の多くは『びまん性脱毛症』と呼ばれ、この脱毛症も体質的なことが原因となっているようです。びまん性脱毛症は、AGA(男性型脱毛症)で問題となるジヒドロテストステロンが原因とされています。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種ですが、実は女性にもあるみたいですね。なお脱毛の進み具合などは、男性のそれとメカニズムは同じみたいです。育毛クリニックによっては、女性型AGAと呼んだりすることがありますね。

さらに『びまん性脱毛症』は、エストロゲン(女性ホルモンの一種)分泌量の増加や、分娩後や更年期の脱毛でもみられるパターンだそうです。また老化(65歳以降)によって髪の毛が薄くなっていくのも、びまん性脱毛症によるものなんていわれていますね。
posted by M-1育毛ミスト at 12:53 | 脱毛症について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。