ノンシリコントリートメントが人気らしい!

トリートメントというとシリコン配合が当たり前と思われがちですが、最近ではノンシリコントリートメントなどが人気らしいです。そもそもリンス代わりにトリートメントを使う方もいるのですが、この辺でおさらいしておきます。リンス・コンディショナーは、髪の表面をコーティングし作用するもの。メーカーによっては、リンスとコンディショナーを『同じもの』として扱っている感じもします。対してトリートメントは、髪内部に浸透し、作用するもの。トリートメントの正しい使い方としては、頭皮に付けず、髪だけに付けるのが望ましいです。簡単にいえば、トリートメントは髪に膜を作ることを目的としていますが、そのために活躍しているのがシリコンといえます。個人的には、トリートメントは週1回くらいにしておけば、シリコン配合でも良いかなと思ったりします。

まあ、シリコンは化学反応によって製造された人工物なので、できることなら使いたくないかもしれません。ただ、ダメージヘアを手っ取り早くきれいに見せる効果があるので便利なわけです。ただ、基本的に髪をコーティングトするだけなので保湿や艶などの効果はありません。シリコンが『悪』になっている部分もあるので、ノンシリコントリートメントが気になりますが、実際の効果が気になりますね!
posted by M-1育毛ミスト at 12:01 | 育毛シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾燥肌や敏感肌でも使える育毛剤や育毛シャンプーなら!

saraviopolypure.jpg

乾燥肌や敏感肌の悩みがあると育毛剤や育毛シャンプー選びは気を使います。特に育毛剤は、頭皮との相性もあるので、一度使ってみないと分かりません。管理人の場合でも、医薬部外品の育毛剤でも頭皮に少し痒みを感じたりすることがあります。副作用と呼ぶよりも、頭皮との相性がイマイチかなと感じてしまうことがあるわけです。さらに育毛剤と育毛シャンプーは、同じ銘柄の方が良さそうな感じですよね!

管理人が使った中では、サラヴィオ化粧品のM-1育毛ミスト&S-1無添加シャンプーの組み合わせが良かったです!乾燥肌や敏感肌といった、刺激に弱い方にはオススメかもしれません。M-1育毛ミストって、頭皮に低刺激です。以前は、医薬部外品でも育毛剤でもない育毛ミストと思っていたのですが、意外と良いです!

あと、ポリピュアEX&ポリピュア・ダブルクレンジングシャンプーの組み合わせも使ったことがあるのですが、これは男性用といえそうですね!ポリピュアの育毛シャンプーには、メントールが配合してあり、洗髪しているとスースーして気持ちが良いわけです!あの爽快感は、男性好みといえそうです。ただ香料も配合されていて、育毛シャンプーとしては、どうなのって感じもするんですが、使用感の良さが抜群に良かったのが印象的でした!

なお、育毛剤や育毛シャンプーを使っているのに、髪の元気が無い場合ってありますよね!特に栄養バランスが悪い方です。栄養の偏りや低栄養だと、髪のパサつきが気になったりするかもしれません。そんな時には、育毛サプリを検討したいところです。人気は、Hatto 口コミダブルインパクト 口コミあたりですが、個人的には幅広い栄養が摂取できるHattoがお気に入りです。育毛サプリは、値段も高いのですが、やはり栄養と育毛は密接な関係がありますよね!
posted by M-1育毛ミスト at 14:41 | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

M-1育毛ミスト全成分!その効果・効能!注目成分は、加水分解酵母エキスかも!

m1mist.jpg

M-1育毛ミストは、緑の箱と育毛剤の本体に成分の表示があります。たぶん全成分(?)だと思います。その全成分と、効果・効能について調べてみました!

●M-1育毛ミスト成分(箱、本体記載の成分名)
水、加水分解酵母エキス、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、加水分解ケラチン、トウガラシエキス

●M-1育毛ミスト全成分の効果・効能
水→(ベース水?)
加水分解酵母エキス→保湿、皮膚細胞の修復効果、さらに病的状態を元の健康な状態にする細胞賦活作用があるとされています。
ペンチレングリコール→抗菌、保湿
フェノキシエタノール→防腐剤
加水分解ケラチン→保湿、保護、肌荒れ防止
トウガラシエキス→血行促進、抗炎症

一番の注目成分は、加水分解酵母エキスかもしれませんね!この加水分解酵母エキスを調べてみると、各種アミノ酸・ビタミン・核酸関連物質・ミネラル・有機酸・タンパク質・糖質・脂質といった成分が配合されているそうです。その効果は、保湿や皮膚の修復など!さらに美白作用もあるらしくエイジングケア化粧品などにも配合されているそうです。

このM-1育毛ミストって成分を調べてみると分かるのですが、余計な成分が一切配合していないんですよね!さすがに防腐剤としてフェノキシエタノールは使っています。ただ、フェノキシエタノールって抹茶を原料とした天然成分なんですよね。育毛剤や育毛シャンプーでは、当たり前の成分だったりします。ただ、スキンケア化粧品だとフェノキシエタノールは、あまり好まれていないようですが・・・
タグ:全成分
posted by M-1育毛ミスト at 15:54 | M-1育毛ミスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こだわればシンプルな使用感!管理人がM-1育毛ミストとS-1無添加シャンプーを使う訳!

m1mist.jpg

育毛剤と育毛シャンプーといえば、以前は別々の会社のモノを使っていました。しかし最近は、ずっとM-1育毛ミスト(育毛剤)とS-1無添加シャンプー(育毛シャンプー)を使ってます。同じ会社の方が色々と相性が良いとかは関係なく、今まで色々使ってみた結果、これが頭皮と相性が良かったからです。以前から頭皮の痒みが気になっていて、数年かけて色んな育毛シャンプーを使ってきました。その結果、使用感が普通のシンプルなアミノ酸系シャンプーが頭皮との相性が良かったわけです。

今まで使ってき育毛シャンプーは、天然系・無添加/100%天然・無添加/馬油/アルガンオイル/アロマシャンプー/普通のアミノ酸系など、たぶん育毛剤よりも多く使ってます。育毛シャンプーにこだわる理由は、髪トラブル改善に一番大切なのは頭皮と相性の良いシャンプーを探すことだからです。これは今までの経験です。抜け毛予防の効果を求めるなら、洗浄成分にアミノ酸系(合成ではなく天然で!)を使っているモノなら一定の効果が期待できます。でも、意外と頭皮の痒みが気になったりすることがあるわけです。口コミでも評判のヘアケア会社の天然系シャンプーを使った時も頭皮の痒みが残りましたからね。しかも癖毛がさらに強くなって、相性が良くなかった感じです。だから育毛シャンプーだけは、数年かけて色んなモノを使ったのです。

そこで管理人的には、シンプルなアミノ酸系で、使用感が普通すぎるくらいの方が良かったわけです。S-1無添加シャンプー 口コミ評価は、そんなに高くない感じです。最高級とされるシルクアミノ酸を配合していますが、ごく普通のアミノ酸系シャンプーですからね!ですが、色々使ってきて感じるのは、この普通すぎる使用感が、実は頭皮に低刺激&低負担で優しいわけです!サラヴィオ化粧品の商品は、『肌に優しい』ですからね!サラヴィオ美容液もそうです。管理人の頭皮の痒みが改善されたのは、S-1無添加シャンプー 効果だと思っています。

ただ頭皮環境とか頭皮とシャンプーの相性問題は、各人で異なると思うので、万人に当てはまるかどうかは不明です。でも、育毛剤や育毛シャンプーは、最初に使った時の第一印象(直感)とか、普通すぎる使用感に着目してもいいと思っています。S-1無添加シャンプー 体験談では、あまり『凄い!』といった感想などは見当たらないのですが、それは普通すぎる使用感のせいかもしれませんね。でも、その方が頭皮には優しいのです!
posted by M-1育毛ミスト at 14:52 | 育毛シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発毛や育毛を自在にコントロールする時代がやってくるか?

スポニチに面白い育毛関連の記事がありました!これ、M-1育毛ミスト(サラヴィオ化粧品)の毛髪研究チームのもので、とっても小さな扱いなんですが、研究成果については、かなり大きな意味があるようです。ちなみに詳細は、サラヴィオ化粧品のサイトに載っていて、『世界最先端 毛髪研究の最前線!ヒト頭髪毛乳頭細胞(単離培養)の繊毛の可視化に成功!』という研究成果がありました!これが記事になったようです。なお今回の研究成果から、育毛を自在にコントロールできる時代がやってくる可能性を示唆しているそうです。さらに育毛のメカニズム、発毛促進の解明などにも役立つそうです。読んでいると『繊毛』とか、難しい言葉が多いのですが、今のM-1育毛ミストがさらにパワーアップする可能性もあるのかなと思ったりします!


▼▼▼▼

薄毛、剛毛の方に朗報!?発毛・脱毛が自由自在になる?(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/05/30/kiji/K20120530003359260.html

 サラヴィオ中央研究所の松島一幸博士の研究グループが、世界で初めて毛髪の形成や成長に重要な役割を持つ、ヒト頭髪毛乳頭細胞(単離培養)から飛び出す繊毛の可視化に成功した。

 これは、脱毛や発毛のシグナル制御の可能性とメカニズムの全容解明につながると考えられ「今回の発見は非常に新鮮で今後の研究成果が楽しみ」と松島博士。

 薬品や添加物、刺激などで毛乳頭細胞を傷つけることなく、毛髪のメカニズムに直接関与して脱毛・発毛を行なう時代が近づいているのかもしれない。

▲▲▲▲
posted by M-1育毛ミスト at 14:10 | 育毛関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。